地域密着型特別養護老人ホーム


寝たきりの方でも、重度認知症の方であっても、専門チームによってその人その人の充実した暮らしに寄り添います
どんなに歳を重ねても「夢」というものは消えることはありません。しかし、身体の機能が徐々に衰えていくと、なかなかその夢を実現することが難しくなってきます。
ほしのさとでは、日常の暮らしのサポートをする介護と、リハビリや栄養、口腔、看護と幅広い職種がチームとなって、お一人お一人の夢の実現をお手伝いしています。

≪例≫
●車いす生活になって畑作業はあきらめていたけれど、もう一度畑作業ができるようになった
●入居時は眼を開けることも少なかったけれど、車椅子で生活できるようになり、現在では趣味活動を楽しんでいる
●入居時は寝たきりだったけれど、自分の足でもう一度歩けるようになった


終末期介護(看取り)の取り組み
 病院での延命治療を望まれず「自分らしい自然な最期の迎え方」を選択された方へ「その人がその人らしく暮らしが全うできるように寄り添うケア」を行っています。
 住み慣れた場所、馴染みの関係の中で最期までその方らしく安心して過ごしていただけます。
 最期まで口から食べていただくことを大切に考え、管理栄養士、歯科衛生士、言語聴覚士を中心として多職種連携で取り組んでいます。

余暇時間を充実させる取り組み
 お一人お一人の余暇歴に着目し、園芸活動や手芸、合唱などのクラブ活動、個別の外出支援や季節ごとの行事などその方らしく暮らし続けていただくための支援を行います。

開かれた施設となるための取り組み
 多くの地域のボランティアの方々のご協力により、様々な行事を開催したり、交流を持つことができています。大ホールを地域の方にご利用していただくなど地域の方の出入りが多く、風通しの良い開かれた施設です。


●ユニットケアの理念である「暮らしの継続」のサポートを行います
●自立支援の視点から自分でできること、サポートが必要なことを見極め、ケアを提供していきます
●1ユニット10部屋の完全個室で、洗面台、クローゼット、ベッドは備え付けです
●木のぬくもりを感じられる作りです
●入居者だけでなく、ご家族同士も馴染みの関係が築けます

標準設備
●ベッド ●タンス ●エアコン ●洗面台