MENU
との問いに対し、私たち「ほしのさと」は考え続けて来ました。
”はたして、入浴や食事などの日常生活上のお世話の質を上げる事が、良い支援サービスなのだろうか・・・・”と。
実際に介護技法の教科書などに目を通すと、入浴や食事やトイレの援助技法などに殆どのページが使われています。しかしながら、入浴や食事やトイレの事の技術を上げ続けるだけで「良い暮らしのサポート」が出来るかどうかは大いに疑問です。
このような事から私たち「ほしのさと」は、「良い介護」を手段と考え、「良い暮らしのサポート」を高める事を目的に取り組み続けています。

ほしのさと理念「敬愛」「誠実」「奉仕」

1.ご利用者を敬愛し、尊厳を大切にします。
2.ご利用者と誠実にふれあい、ご利用者の豊かな生活の実現を決してあきあらめません。
3.奉仕の精神で持てる知識や経験を地域介護の向上に生かします。

フェイスブック